お客様の声

FINEPET'Sドッグフードをご利用になっているお客様の声と、日々たくさんいただいているメールの一部をご紹介致します。

皆川 はじめてFINEPET'Sドッグフードを使っていただいたのは、3年ほど前でした。きっかけはなんだったのでしょう? 今井さん その頃、うちで生まれた子犬を友人が飼うことになったのです。
リリーという名前で、私にしてみれば孫をあげたような気持ち。なので環境や飼い方など、すごく厳しくチェックしていたんです(笑)
彼女は犬を飼うのは初めて。どんなドッグフードがいいかネットで調べているときに、たまたまFINEPET'Sドッグフードを見つけ、私に「こういうフードを見つけたけど、どう思う?」とパンフレットを持ってきたのです。
それがFINEPET'Sとの出会いでした。 皆川 最初の出会いがパンフレットという方は珍しいですね。 今井さん 最初は、「ネットで見つけたものなんて大丈夫?」って疑っていたのですが(笑)、パンフレットを読んでみると、フードに対する考え方がしっかりしているなと。そして、ちゃんと正しいことが書かれている、と感じました。
友人にも「なかなかいいことが書いてあると思う。食べさせてみてもいいんじゃない」と返事をしました。 皆川 ありがとうございます。今井さんはそのとき、どんなフードを使っていらっしゃったのですか? 今井さん 私は別の海外のフードをあげていたのですが、いつも購入していたお店がなくなったか何かで、急にそのフードが買えなくなってしまったのです。
そのとき友人から、「FINEPET'Sドッグフードはお試しパックがあるから、一度試してみたら?」と言われ、一緒に購入してもらいました。 皆川 ワンちゃん達に食べさせたときの様子はいかがでしたか? 今井さん 6匹全員、最初から食いつきがよかったですね。喜んで食べていました。
とはいえ、そのときはまだFINEPET'Sドッグフードと同じくらい質の良いフードは、他にもあるだろうと思っていました。だから昨年6月に値段が上がったとき、買うのをやめることにしたのです。 皆川 実は1994年にFINEPET'Sの輸入を開始して以来、初めて値上げをさせていただきました。 今井さん あのときは、まず値上げ幅が大きいことに驚き、腹も立ちました。うちは7匹もいるので、これは痛かった! 皆川 当時、同じようなお叱りを多くいただきました。
言い訳ではありませんが、創業から18年間、ずっと同じ価格で頑張ってきたのですが、原価や輸送コストが相当に上がっていて、正直ギリギリの状態でした。品質を維持するには値上げせざるを得ない、そう判断しました。

ただ、そう分かっていてもなかなか踏ん切りがつかず、迷っているうちに時間が経って、けっきょく大幅の値上げをすることに。このことは本当に申し訳なかったと心から思っています。 今井さん ホントにそうですよお(笑)。
当時、本当はFINEPET'Sドッグフードを使い続けたかったのです。でも、値上げ幅が大きかったので、他にもよいフードはあるだろうから替えようと…。

ところが、これが予想以上に大変だったんです。 皆川 どういう点が大変だったのですか? 今井さん 7匹もいるでしょう。どのフードを与えても、必ず1~2匹は嫌がって食べない子がいるのです。
特にポノは違うフードにしたとたん、ひと口食べてずーっと考え、またひと口食べて止まって…。あきらかに嫌がっている様子でした。

人間なら、魚が嫌いな子には肉を食べさせることができますが、犬はそうはいきませんよね。かといって、嫌がるものをずっと食べさせるのもかわいそうで…。 皆川 そのうち慣れてくれるだろうと思いつつも、心配になりますね。 今井さん FINEPET'Sドッグフードのときは7匹全員が食いつきがよく、そんな心配をする必要はありませんでした。

それを知っている友達に「けっきょくFINEPET'Sに戻るんじゃないの?」なんて言われたことも。でもその度に「いいえ、絶対に戻らないから!」って断言していたのです。 皆川 本当に申し訳ありませんでした。 今井さん そうこうしているうちに、やっと1つだけ、7匹全員がそこそこ食べてくれるフードが見つかりました。国産で、肉とアレルゲンをカットしたフードで、添加物はなしとの表示。これならよさそうだと思い、食べさせることに決めました。

ところが…今度は皮膚病に悩むことになってしまったのです。 皆川 皮膚病ですか!? どんな様子だったのですか? 今井さん 最初はパルフェの背中にポツンと、カサブタみたいなものができた程度だったので、あまり気にしていなかったのです。ところが、日を追うごとにどんどん広がっていって、あっという間に背中全体がカサブタだらけに! 皆川 それは心配されたでしょう。 今井さん パルフェ本人は、カサブタはあるけれど元気いっぱい。食欲もおう盛なので、お医者さんに連れて行くべきなのか迷いました。何か季節のアレルギー症状なのかもしれないと思ったり…。

あれこれ原因を考えているとき、ふと、「そういえば、今のフードに変えた直後から出てきたような気がする」と気づいたのです。 皆川 なるほど。でも、別のフードに変えるのもまた不安…。 今井さん そうなんです。でも、そうこうしているうちに、今度は同じものがソレイユの背中にも出てきて、これはもうグズグズしていられないと。
それですぐにFINEPET'Sドッグフードに戻したのです。これなら全員がよく食べてくれると分かっていましたから。 皆川 FINEPET'Sドッグフードに戻して、いかがでしたか? 今井さん 以前と同様、全員が喜んで食べてくれて、まずはホッとしました。
ちゃんと正しい栄養をとることが健康の基本ですから。そして、食事や散歩の時間、長さを見直し、寝床もチェックするなど生活全体を見直してみたのです。

そうしたら、もうビックリ。 ソレイユのカサブタは少なかったのですぐに消え、背中一面に広がっていたパルフェの方も、2カ月くらいですっかりきれいな、昔のままの背中に戻ったんです! 皆川 それはすごい! 短期間に改善できてよかったですね。 今井さん そうなんです。でも、フードを替えただけでこんなトラブルが起こるとは…。フードの大切さを心の底から実感しました。体と食べ物って、まさに直結しているのですね。

ワンちゃんは自分でフードを選ぶことはできません。買ってくれる人が選んでくれたものしか食べられませんよね。だからこそ、飼い主がちゃんと選んであげなくちゃいけない。責任はとても大きいと思います。 皆川 それでFINEPET'Sドッグフードをまた使ってくださるようになったのですね。現在、ワンちゃん達の体調はいかがですか? 今井さん 全員、とても元気です(笑)
以前のフードのときは、たまに下痢をすることもあったのですが、FINEPET'Sドッグフードでは、それもありません。便もしっかりしていて切れのある、健康な便になりました。 皆川 それはよかった! そういうお話をお聞きかせいただくときが一番うれしいです。 今井さん 健康をキープできるということは、病気やトラブルを予防できているということでもありますよね。
FINEPET'Sドッグフードは、確かに他のフードに比べると価格が高いです。でも、獣医さんにかかったら、もっと高くつきますから(笑

そして何より、ワンちゃんは大切な家族ですから。家族がずっと健康でいられるなら、それはお金に換えられない幸せだと実感しています。 皆川 本当にそうですね。
今井さんは今、ワンちゃんと飼い主のためのお店のオープンに向けて準備をされているとか。 今井さん はい。ドッグカフェを主体としたワンちゃんのためのお店「ワンワンロハス」です。ワンちゃんと飼い主さんの絆を深め、ワンちゃん自身がストレスなくいられるような、そんな新しいものを作りたいと考えています。
年内のオープンを目指し、現在準備中です。 皆川 ワンちゃん達のために心を砕いている今井さんに、ぴったりの事業ですね。とても楽しみにしています。オープンした際には、ぜひ遊びにいかせてください。
本日はありがとうございました。