よくあるご質問
良くお寄せいただくご質問とその回答をまとめました。 こちらに掲載されていないご質問内容は、「ご質問フォーム」よりお寄せください。
FINEPET'Sキャットフードと一般のフード、違いはどこにありますか?

一番の違いはFINEPET'Sドッグフード同様、「人間が食べることができるレベル」の原材料しか使用していないこと。そして、化学合成添加物を一切使用していないことです。


一般的に、猫の食事に必要な栄養素は以下の通りです。


・粗タンパク質:23%~33%

・脂肪分:10%~20%

・粗灰分の最高値:9%未満

・腸がきちんと働くのに必要な繊維質:2%~9%


もちろん、これらの数値には生活環境や年齢に応じて差が生じますが、FINEPET'Sキャットフードはこうした栄養が総合的にバランスよく摂取できる高品質のフードです。


FINEPET'Sキャットフードの脂肪分20%の処方についてご質問いただくことがあります。脂肪分は脂肪融解性ビタミンや必須脂肪酸を身体に運ぶ重要なエネルギーとなりますし、食欲を改善させるにも重要となります。幼猫から高齢猫にいたるまで最高レベルでの栄養を供給するための処方です。

pH値について教えてください。

FINEPET'SキャットフードのpH値は、FUSを予防するためにも最適とされる pH値 6.3 となっています。

一般的なFUSのための処方食と比べた「粗灰分」と「マグネシウム」について教えてください。

まずは、FINEPET'Sキャットフードと一般的なFUSのための処方食のマグネシウム、粗灰分を比べてみましょう。


FINEPET'Sキャットフード

粗灰分:8%

マグネシウム:0.06% (※健康管理に最低限必要で安全なレベル)


一般的なFUSのための処方食

粗灰分:8%程度

マグネシウム:0.08%


一般的なFUSのための処方食は、FINEPET'Sキャットフードの含有量レベルと非常に近い値です。FINEPET'Sキャットフードのマグネシウム分と粗灰分であれば、十分にFUSの発症を予防することが可能です。なかにはこの含有量がさらに低く抑えられた缶詰フードなどもありますが、健康を維持するためにはFINEPET'Sキャットフードのバランスこそが最適な値だと考えます。

賞味期限について教えてください。

■賞味期限の目安

開封後「3ヵ月」が、フードの賞味期限の目安となります。
品質管理上、商品到着後はなるべく早く開封いただき、3ヶ月以内に与えきるようにしてあげてください。

■長期保存について

未開封のフードでも長期保存には、温度変化や日光を避けるなど、条件が限られます。
常に安心安全なフードを与えていただくために、まとめ買いよりお得な「定期発送」をご利用下さい。
詳しくはこちら

■賞味期限について

賞味期限(パッケージ裏に記載)にはできるだけゆとりを持たせておりますが、状態にご満足いただけない場合はご連絡ください。

複数種類のお試し用商品をご購入しても良いですか。

1)右記商品は全て初回限定でお試し頂けます。対象商品:ドッグフード大粒or小粒・極・キャットフード

2)各種類、1世帯(同一ご住所)、1個限りとなります。

3)お名前が別でもご住所が同じ場合は1世帯扱いとなりますので、ご了承下さいませ。