よくあるご質問
良くお寄せいただくご質問とその回答をまとめました。 こちらに掲載されていないご質問内容は、「ご質問フォーム」よりお寄せください。
缶詰フードと比較すると、粗灰分の含有量が高い気がします。

缶詰フードに一番多く含まれる「原材料」の約80%は水分です。FINEPET'Sキャットフードに含まれる水分は10%ですから、総合的なパーセンテージから見れば、粗灰分の割合が異なるのは当然のことです。


もし、缶詰フードに含まれる水分を10%程度まで乾燥させて粗灰分を調べれば、実際に含まれている粗灰分はFINEPET'Sキャットフードに比べてはるかに高い割合になるはずです。缶詰フードを与えているということは、実は少ない粗灰分を与えているつもりで、非常に高い割合の粗灰分が含まれるフードを与えていることになります。

FINEPET'Sキャットフードにはリノール酸は使用されていないのですか?

FINEPET'Sキャットフードにリノール酸は使用されていません。そのため、成分表には表記されていませんが、原材料として使用されているオランダ産「ニシン」に元々含まれるリノール酸によって、健康を守る上で必要な量を摂取できるのです。

FINEPET'Sキャットフードに含まれる粗タンパク質含有量は高すぎて、高齢の猫には良くないのでは?

FINEPET'Sキャットフードに含まれる粗タンパク質は32%で、高齢猫に対しても必要かつ十分な含有量ですので決してカラダに負担のかかるほど多過ぎる含有量ではありません。また、非常に消化吸収の良い粗タンパク質で構成されていますので、高齢なネコちゃんにも安心して与えていただけます。