はじめに

FINEPET'Sドッグフードが安全だと言える理由はここにあります。ワンちゃんが毎日食べるものを100%理解し、安心して与えていただくためにも、ぜひお読みください。

ワンちゃんの健康を考える愛犬家の皆様へ

あなたは「良いドッグフード」をどこで判断しますか?ペットフードに関するさまざまな情報が氾濫している現在、正しい知識を身につけ、情報を自ら判断するのは困難です。ワンちゃんが喜んで食べるものが良いフードとは決していえませんし、普段与えているドッグフードの中身を完全に理解することも容易なことではありません。ワンちゃんの健康をまじめに考えたら、長期間にわたって安全で安心できるフードを選んであげたいものです。

残念ながら、さも健康に良さそうに見え、でも実は粗悪なフードが溢れています。それを知らず知らずのうちに与え続けることで、ワンちゃんの健康を脅かしています。毎日の食餌が原因で、大切なワンちゃんが苦しみ、高額な医療費を払わされているとしたら‥‥。本当にいいフードを与えていれば、ワンちゃんは健康でい続けられるはずだと思いませんか‥‥。

FINEPET'Sドッグフードは、あなたの大切なワンちゃんといつまでも一緒に健康で暮らし続けるためのお手伝いをします。このウェブサイトを訪れたこの機会に、あなたが今与えている食餌についてもう一度真剣に考えてみませんか?

犬という生き物を本当に知っていますか?

そもそも「犬」はどんな生き物なのでしょう?
世界的に著名なウエブスター辞典によると、犬は「肉食性の家畜化された哺乳動物」と定義されています。岩波書店の広辞苑によると、「食肉目の獣」とも定義されています。言葉を変えれば「犬の常食は肉である」ということです。つまり、犬の短い消化器官はタンパク質、ビタミン、ミネラルなどを含んだ「肉」を消化吸収するのに最も適しているのです。たとえ、飼い主のあなたが菜食主義者だとしても、犬は穀物や野菜類を消化吸収するのは大の苦手というわけです。

元来肉食動物である犬が、自らトウモロコシや大豆を食べるということはありえません。しかし、市場に流通しているプレミアムと呼ばれているフードでさえ、こうした穀物を主原料に作られているものがほとんどです。原材料表示は重量比で多い順に並んでいます。最初から3つ目までに表示されているのが「主原材料」です。あなたが与えているフードは大丈夫ですか?

では、犬には肉を与えていればいいのかというとそれは間違いです。牛肉や豚肉などは犬にとってアレルギー性が強く、決して良い原材料ではありません。また、鶏肉ササミ部位には含有リン分が多く、せっかくフードから摂取したカルシウムを体内で破壊してしまいます。
穀物中心のフードや牛肉、豚肉などを与え続けることは、知らず知らずのうちにワンちゃんの消化吸収器官に大きな負担をかけ、カユミやアレルギー、内臓疾患を誘発するなど、健康に深刻な影響を与える可能性があるのです。

あなたが与えているペットフードの中身は?

あなたは「良いドッグフード」をどこで判断しますか?ペットフードに関するさまざまな情報が氾濫している現在、正しい知識を身につけ、情報を自ら判断するのは困難です。ワンちゃんが喜んで食べるものが良いフードとは決していえませんし、普段与えているドッグフードの中身を完全に理解することも容易なことではありません。ワンちゃんの健康をまじめに考えたら、長期間にわたって安全で安心できるフードを選んであげたいものです。

残念ながら、さも健康に良さそうに見え、でも実は粗悪なフードが溢れています。それを知らず知らずのうちに与え続けることで、ワンちゃんの健康を脅かしています。毎日の食餌が原因で、大切なワンちゃんが苦しみ、高額な医療費を払わされているとしたら‥‥。本当にいいフードを与えていれば、ワンちゃんは健康でい続けられるはずだと思いませんか‥‥。

FINEPET'Sドッグフードは、あなたの大切なワンちゃんといつまでも一緒に健康で暮らし続けるためのお手伝いをします。このウェブサイトを訪れたこの機会に、あなたが今与えている食餌についてもう一度真剣に考えてみませんか?

ペットフードの安全性って?

安全なフードを求めるのは飼い主として当然です。しかし、 日本や欧米の国々にはペットフードの原材料や添加物に関して、公的な安全基準や規制が一切ありません。原材料の表示義務もありません。添加物の定義さえないペットフードの世界だから、「天然素材」「ナチュラル」さらには「無添加」と言われるものでさえ、危険な添加物が使用されている可能性があります。

国内で販売されるペットフードは、メーカーの自主規制によって原材料の80%以上(大まかな表示が認められていますので厳密な原材料の表記は必要がありません)を表示すればよいことになっています。もちろん化学合成された危険な添加物が重量で2割以上も使われることはありませんので、表示されずに添加されている可能性が非常に高いのです。

安全なフードの与え方

■賞味期限の目安

開封後「3ヵ月」が、フードの賞味期限の目安となります。
品質管理上、商品到着後はなるべく早く開封いただき、3ヶ月以内に与えきるようにしてあげてください。

■長期保存について

未開封のフードでも長期保存には、温度変化や日光を避けるなど、条件が限られます。
常に安心安全なフードを与えていただくために、まとめ買いよりお得な「定期発送」をご利用下さい。
詳しくはこちら

■賞味期限について

賞味期限(パッケージ裏に記載)にはできるだけゆとりを持たせておりますが、状態にご満足いただけない場合はご連絡ください。

危険な添加物を使う理由

そもそも、ペットフードになぜ危険な添加物を使う必要があるのでしょうか?その理由は大きく3つあります。

(1)低コストで目的が達成できる、非常に優秀な薬剤であるため
(2)製造されてから消費者の手元に届き、さらに消費するまでの長期保存のため
(3)製品に含まれる粗悪な油脂類の酸化防止のため
例えば、廃棄油の酸化防止のために使用される添加物についての現状を見てみましょう。レストランなどで使用された油は、それだけでも相当酸化が進んでいます。こうした粗悪な油の酸化を防止させるために、相当強力な薬剤を使用するのです。さらに都合のいいことに、廃棄油には多くの食材の匂いが移っていて、ワンちゃんにとっては非常においしそうに匂う「食材」なのです。

油脂類の酸化防止剤、防腐剤として添加されている化学合成物質は、環境ホルモンとして生殖異常を起こしたり、発ガン性が認められているものなど、非常に毒性が強く、危険なものが一般的に使われています。

ペットフードに使われるもっともポピュラーな化学合成酸化防止剤のエトキシキン(エトクシキン、エトキシゾール等、呼び方はいろいろありますが、どれも同じもの)は、ダイオキシン系の化学合成添加物です。これは、ベトナム戦争の時に使用された枯れ葉剤の原料としても有名で、現在ではその猛毒性から農薬としては一切使用が禁止されていますが、ペットフードの添加物として表示されずに添加されている場合があります。

ペットフードメーカーは酸化防止剤の安全性に問題がないことを宣言していますが、ペットが生涯に渡って毎日食べる可能性のある食事に、飼い主も知らないうちに危険な添加物が使用されている可能性が高いのです。

フードが与える影響

安全なフードを求めるのは飼い主として当然です。しかし、 日本や欧米の国々にはペットフードの原材料や添加物に関して、公的な安全基準や規制が一切ありません。原材料の表示義務もありません。添加物の定義さえないペットフードの世界だから、「天然素材」「ナチュラル」さらには「無添加」と言われるものでさえ、危険な添加物が使用されている可能性があります。

国内で販売されるペットフードは、メーカーの自主規制によって原材料の80%以上(大まかな表示が認められていますので厳密な原材料の表記は必要がありません)を表示すればよいことになっています。もちろん化学合成された危険な添加物が重量で2割以上も使われることはありませんので、表示されずに添加されている可能性が非常に高いのです。